2021年度IRISの活動

event

IRISに所属する院生が日経ウーマノミクスプロジェクト2021シンポジウム「Are you ready? SDGsが拓く未来SDGs 座談会発表コンテスト」にて住友電気工業 優秀賞を受賞しました!

 

2021年7月13日(火)ハービスHALLにて開催された、日経ウーマノミクスプロジェクト2021シンポジウム「Are you ready? SDGsが拓く未来SDGs 座談会発表コンテスト」において、本学の理系女子大学院生チームIRIS(アイリス)に所属する本学大学院 工学研究科 博士前期課程 1年の前田 早都子さんが、大阪市立大学 理学部 2年の寺西 彩月さんと公立大学法人大阪「Osaka Science Girls」として出場し、住友電気工業 優秀賞を受賞しました。
プレゼンテーションの様子
(左から前田さん、寺西さん)

本プレゼンテーション大会では、「ゴールに向かって 私たちのSDGs」をテーマに普段取り組んでいる研究活動をベースにSDGsの各目標達成へのアクションプランについて、8大学の学生・大学院生が発表を行いました。

前田さん・寺西さんは、すべての人に健康と福祉を届けたい思いから「色で感染度がわかる! 検査キット」と題して、小型かつ高感度な屈折率センサを活用し、「色」で感染度を診断できる感染症検査キットを発案し、今回の受賞となりました。医療へのアクセスが困難な発展途上国などでの普及が期待されます。

当日の様子は、2021年8月26日の日本経済新聞 朝刊・大阪本社版 広告特集にて掲載されました。

受賞時の様子

受賞スピーチの様子

関連情報

(注記)日本経済新聞社の転載承諾済み