2013年度イベント

event

英語論文の書き方セミナー(3月14日、17日)を開催しました。

更新日: 2014年5月22日

「論文採用率を高める英語論文の書き方セミナー」を開催しました。
英語論文の執筆と投稿の基本について、英語論文の構造やアブストラクトの書き方から、ジャーナルの選択方法まで、採用率を高めることを目標に解説しました。

中百舌鳥キャンパス 3月14日(金)開催

nkmz-2

日時 平成26年3月14日(金曜日) 13時30分~15時30分
場所 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス B3棟 116中講義室
対象 日本語での論文投稿経験があり、これから海外への
論文投稿を考えている、大阪府立大学の若手研究者
(教職員・研究員)、大学院生
講師 Dr. Jeffrey Robens
( エダンズグループジャパン(株)生命科学シニアエディター)
言語 英語 (通訳なし)
参加者数 27名 (院生15名, 学部生4名, 研究員2名, 教員6名)

アンケート結果(中百舌鳥キャンパス開催分)

アンケート結果

【参加者の声】

  • これから論文を書こうと言う初心者から、論文をたくさん書いている中級者でもためになるセミナーだったと思います。もう1回、今日のセミナーを受けて、自分の書いている論文見直しをしてみます。
  • 今日のご講演は総論的で、これまでの知識が一体化しように感じられ、非常に良かったです。プレゼンテーションの仕方の勉強にもなりました。ありがとうございました。

羽曳野キャンパス 3月17日(月)開催

コメディカル、保健医療者向けに開催しました。
対象は看護学研究科、総合リハビリテーション学研究科の大阪府立大学の若手研究者(教職員・研究員)、大学院生です。

日時 平成26年3月17日(月曜日) 14時~16時
場所 大阪府立大学 羽曳野キャンパス A棟 301教室
対象 日本語での論文投稿経験があり、これから海外への
論文投稿を考えている、看護学研究科、
総合リハビリテーション学研究科の大阪府立大学の若手研究者
(教職員・研究員)、大学院生
講師 Dr. Jeffrey Robens
( エダンズグループジャパン(株)生命科学シニアエディター)
言語 英語 (日本語サポートあり)
参加者数 48名
【看護】 27名 (院生9名, 教員18名)
【総リハ】 21名 (院生16名, 教員5名)

アンケート結果(羽曳野キャンパス開催分)

アンケート結果

【参加者の声】

  • 基本からジャーナルの選択、採用率を高めることで、幅広くお話いただき、わかりやすかったです。
  • とても分かりやすい。ゆっくり、はっきりした英語で説明していただき、ありがとうございました。
  • 自分に英語を聞き取る能力がなさすぎて、内容を明確に理解できなかった。
  • 語りが少ないため英語が聞き取れなかった。

お問合せ先

女性研究者支援センター
Eメール w-support[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]を@に差し替えてください。
Tel・Fax 072-254-9856(ダイヤルイン) 内線5057(平日9時30分~17時)