2012年度IRISの活動

event

日吉台二番町子ども会で「子どもサイエンス・キャンパス」を開催しました

更新日: 2012年12月15日

日時 平成24年12月15日(土) 14:00~16:00
場所 高槻市日吉台自治会館
テーマ 実験1「身近なもので電池を作ろう」
実験2「静電気でモーターを回そう」
デモンストレーション「電気クラゲで遊ぼう!」
講師 IRIS
参加者 28名(小学1年生~6年生23名、保護者5名)
主催 高槻市日吉台二番町子ども会
共催 大阪府立大学 女性研究者支援センター

「二番町子ども会イベント・科学実験教室」で、子どもサイエンス・キャンパスを開催しました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子
子どもサイエンス・キャンパスの様子

1つ目の実験「身近なもので電池を作ろう」では、レモンと亜鉛板、銅版を使って、レモン電池を作りました。電気が流れると電子メロディーから音楽が流れ、子どもたちは驚いていました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子

2つ目の実験「静電気でモーターを回そう」では、アルミの貼り方や天候の為、静電気でモーターが回らない子どももいましたが、モーターが回った様子を見て「すごい!」とびっくりしていました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子
子どもサイエンス・キャンパスの様子

IRISからの、静電気や、原子と電子の説明をとても興味深そうに聞いていました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子

アンケート結果

アンケート結果

【参加者の声】

  • いろいろな実験をしたりして、とても楽しかった。いろいろな体験が出来てよかった。
  • レモンが電池になる事がびっくりした。水溶液を使った勉強(実験)をしたい。
  • レモンでスピーカーから音が聞こえてきて、なぜ聞こえてきたのかよくわからなかったので、分かってよかったです。家でも、もっとやってみたいです。
  • 今日の実験はとてもたのしかったです。またやりたいです。
  • モーターが動く理由が、くわしくわかったのでよかった。