2012年度IRISの活動

event

メイドインさかいフェアで子どもサイエンス・キャンパスを開催しました

更新日: 2012年10月27日

日時 平成24年10月27日(土)・28日(日) 12:30~15:30
場所 堺商工会議所
テーマ 紫いもでぬり絵をしよう
講師 IRIS
参加者 322名(1日目 子ども100名 保護者59名、2日目 子ども100名 保護者63名)

堺市産業振興センターのイベントホールで行われた「メイドインさかいフェア」で子どもサイエンス・キャンパスを行いました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子

はじめに、実験の説明とクイズを行いました。クイズには、元気よく手が上がり、盛り上がりました。

実験では、紫いもの液に漬けて乾燥させたカードに酸性・アルカリ性の液をぬり、色の変化を楽しみました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子
子どもサイエンス・キャンパスの様子

実験のしくみの説明にも、参加した子どもたちは熱心に聞いていました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子

アンケート結果

<1日目>(左:子ども、右:保護者)

アンケート結果
アンケート結果

<2日目>(左:子ども、右:保護者)

アンケート結果
アンケート結果

【参加者の声】
(小学生)

  • 色が変わって不思議でした。
  • 今後は中性では何色になる事や、他の物でやってみたらどんな事になるか?
  • 楽しかったので、家でも、他の物を使ったりして、実験したいです。
  • 他にもいろいろ、混ぜるものを変えてやりたいです。

(保護者)

  • とても楽しく色塗りしていました。アントシアニンを含む食べ物を使って実験できて面白かったです。家にある身近なものでできるので、家に帰ってから、また子供と一緒にやってみようと思っています。ありがとうございました。参加して良かったです!!
  • 塗り絵という身近なものを使ってアルカリ性、酸性を感じることができて良かったです。紙面による解析がある事で振り返りや知識を深めることができたと思います。
  • 色の変化がとても不思議で大人が見ても楽しかったです。
  • また、こういった実験出来るイベントに参加したいです。貴重な体験ありがとうございました。