2012年度IRISの活動

event

大阪市立男女共同参画センター西部館(クレオ大阪西)で「子どもサイエンス・キャンパス」を開催しました

更新日: 2012年8月31日

日時 平成24年8月31日(金) 13:30~16:00
場所 大阪市立男女共同参画センター西部館(クレオ大阪西)
テーマ 実験1 「人工いくらを作ろう!」
実験2 「食塩水で虹を作ろう!」
講師 IRIS
参加者 15人(女子中学生)
主催 大阪市
共催 大阪府立大学 女性研究者支援センター
実施 大阪市男女共同参画推進事業体
子どもサイエンス・キャンパスの様子

最初に「人工いくらを作ろう」の実験を行いました。アルギン酸ナトリウムを水に溶かし、そこに赤、黄、青と好きな色をつけて、塩化カルシウム水溶液にスポイドで一滴ずつ落とします。そうしてカラフルな人工いくらを作りました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子
子どもサイエンス・キャンパスの様子

2つ目の「食塩水で虹を作ろう」の実験では、飽和食塩水を作り、2倍、4倍と薄め、赤、黄、緑、青、紫と5色に色づけを行いました。それぞれを順番に、スポイドを使って、スピッツ管に食塩の層を作っていきました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子
子どもサイエンス・キャンパスの様子

友人同士で来ている人もいましたが、初対面同士であっても協力して実験をすることで、打ち解けていました。

最後に、研究内容や学生生活についてのトークを行った後、質問コーナーの時間を設けました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子

実験材料や顕微鏡の購入先、苦手科目の勉強の仕方などの幅広い質問があり、IRISが実際に行った勉強方法を話す等、有意義な時間となりました。

帰り際、IRISのメンバーと握手をする参加者もいました。

アンケート結果

アンケート結果

【参加者の声】

  • 今日の実験を、次もやって欲しい。
  • もっと、今日みたいな楽しいサイエンスキャンパスをやって欲しいと思います。
  • もっと、時間を延ばして欲しい!!