2012年度IRISの活動

event

こどもNPOセンターいずみっ子と「子どもサイエンス・キャンパス」を開催しました

更新日: 2012年8月25日

日時 平成24年8月25日(土) 13:30~15:30
場所 和泉市社会福祉協議会 和泉ボランティア・市民活動センター「アイ・あいロビー」
テーマ 実験1 「人工いくらを作ろう!」
実験2 「食塩水で虹を作ろう!」
講師 IRIS
参加者 15人(子ども14人、保護者1人)
主催 特定非営利活動法人こどもNPOセンターいずみっ子
共催 大阪府立大学 女性研究者支援センター
子どもサイエンス・キャンパスの様子

最初に「人工いくらを作ろう」の実験を行いました。アルギン酸ナトリウムを水に溶かし、そこに赤、黄、青と好きな色をつけて、塩化カルシウム水溶液にスポイドで一滴ずつ落とします。そうしてカラフルな人工いくらを作りました。

子どもサイエンス・キャンパスの様子
子どもサイエンス・キャンパスの様子

2つ目の「食塩水で虹を作ろう」の実験では、飽和食塩水を作り、2倍、4倍と薄め、赤、黄、緑、青、紫と5色に色づけを行いました。それぞれを順番に、スポイドを使って、スピッツ管に食塩の層を作っていきました。それぞれの色が比重によって層を作り、虹の様に色がわかれました。とても幻想的な虹ができて、子どもたちは大喜びでした。

子どもサイエンス・キャンパスの様子

アンケート結果

アンケート結果

【参加者の声】

  • この他にも楽しい実験をしてほしいです。
  • きれいな色になったから、今度は色で形をつくりたいです。