2016年度ニュース

category

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」に認証されました

平成28年10月1日付けで、公立大学法人大阪府立大学が、「大阪市女性活躍リーディングカンパニ―」最高レベルの「二つ星認証」を取得しました。

「二つ星認証」は、本学が、女性の活躍促進や、女性の働きやすい職場づくりに積極的に取り組む大学として認められたことを表しています。

本学では、これからも女性の活躍促進に向け、教職員の働きやすい職場環境の整備に積極的に取り組んでまいります。

認証書

◆大阪市女性活躍リーディングカンパニー 認証について

「意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくり」「仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援」「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」について積極的に推進する企業等を、大阪市が一定の基準に則り認証する制度。当該の企業等が社会的に認知されることでその取組みが広く普及することを目的としている。

大阪府立大学の具体的な取組み


「意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくり」

  • 女性研究者支援センターの開設(女性研究者の育成・支援)
  • ダイバーシティ研究環境研究所の設立(女性研究リーダーの育成および上位職の両立支援)
  • 理事長を長とするステアリング委員会のもと、全部局の構成員からなる運営委員会の設置による、女性研究者支援事業の具体的な取組み
  • 任期付教員の、育児休業・介護休業・産前産後休暇を取得した場合の、取得期間に応じて任期を延長することが出来る制度の導入
  • 「公立大学法人大阪府立大学一般事業主行動計画(女性活躍推進)」(平成28年4月1日~平成33年3月31日)を定め、一層の推進に向けた取組を実施
  • 「おおさか男女共同参画促進プラットフォーム」および「さかい子育て応援団」事業者登録

 

「仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援」

  • 研究支援員制度の育児の要件を「末子が小学6年生以下」から「末子が中学3年生以下」までに拡大
  • 支援センター相談窓口の設置(仕事や研究の継続に関わる相談、保育園やベビーシッター等に関する相談や情報提供)
  • 身体的・精神的・社会的健康の保持促進のためのサポート(助産師によるミニ・セミナーの開催、個別相談の実施)
  • 「女性研究者支援メンター制度」の導入
  • 介護に関するミニ・セミナーおよび個別相談の実施(男性教職員可)

 

「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」

  • 男性教職員の育児参加休暇の取得可能な期間を「出産予定日の8週間前(多胎妊娠の場合は16週間)の日から出産の日後8週間を経過する日まで」から、「出産予定日の8週間前(多胎妊娠の場合は16週間)の日から出産の日後16週間を経過する日まで」に拡大
  • 研究支援員制度の申請者対象を男性教員にも拡大
  • 女性研究者支援センターが主催する、ロールモデル・セミナーの講師を学内の男性教職員にも依頼するなど、多様なロールモデルを提示

 


お問合せ先

女性研究者支援センター
中百舌鳥キャンパス(B16棟)
Tel/Fax 072-254-9856 Tel 5057(内線)
Eメール w-support[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]を@に差し替えてください。