2015年度ニュース

category

[女性研究者の活躍] 生命環境科学研究科 中澤昌美 助教

ユーグレナ由来バイオ燃料の生産制御への第一歩

生命環境科学研究科 中澤 昌美 助教

中澤昌美教授

研究室の学生の皆さん、技術補助員さんと日々研究してきたことを、共同研究によって発展させることができました。
大学からの支援とともに、科学技術振興機構(JST)さきがけ「藻類バイオエネルギー」領域からの大きなサポートを頂いたことが、今回の成果につながりました。

この研究を始めた当初は、「ユーグレナがバイオ燃料を作る」ことはわかっていましたが、その成分を人工的に改変するという概念はありませんでした。実は私自身もその概念はなかったのです。バイオ燃料を作る仕組みを明らかにしようとしていた中で、偶然にも組成を変えられることを見つけました。その偶然を、面白い、と感じて研究を進めると、幸せなことに、その研究を面白がって下さる共同研究の方と出会うことができました。
共同研究によって、「低温で固まりにくくなる油」を作ることができたことを実証しました。

まだまだ未熟な研究者ですが、周囲の方々への感謝を忘れず、研究と研究対象への愛情を持ち続け、成長していきたいと考えています。